×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンガルウイングキットの取り付け
まずはバンパーを外します

次にフェンダーを外します。
左の黄色い○の部分のボルトをまず外します。
黄色い矢印のボルトを外します。

縦に2つ並んだボルトの上のボルトは、ヘッドライトを一緒に留めています。

赤い矢印の所は、フェンダーの穴に、ヘッドライトのツメが刺さっています。
この部分のボルトを外します。
黄色い矢印の部分のボルトを外します。

赤い矢印の部分にもボルトが一つ隠れています。
これを外すには、サイドステップを外さなくてはなりません。
どろよけがついている場合は泥よけも外します。

サイドステップを取るには、ボディー裏側のグロメットを外します。

めんどくさいから、前半分くらいだけ外して、すきまからレンチをつっこんで外しました。
黄色い矢印の部分がボルト。ピンクの矢印は小さいグロメット。青い矢印はネジで留まっています。

ヘッドライトを外さないままでフェンダーを外すには、少し後へずらすようにして、ヘッドライトのツメがささっている所と、ヘッドライトと一緒に留めてあったところを抜いてから、上というか横に外します。


赤く囲んだ部分は、ガルウイングキットと干渉しないように、内側のツメを少し折らなくてはなりません。

やりたくはなかったのですが、変形しないように気をつけながら、ハンマーでたたいてみたり、ペンチで曲げてみたりしてみました。
フェンダーが外れるとこんな感じ。
これが今回取り付けるガルウイングキットです。
本当は二人で作業するのが望ましいと思いますが、一人でやるしかないので、ドアがしまった状態で、ヒンジを外しました。
これが今回一番やりたくなかった作業です。

黄色く囲んだ部分が、ガルウイングキットの取り付けに干渉するので、ハンマーでたたいて少しへこませます。

できればやりたくないと思いながらも、ここが出っ張っていては取り付けられないので、仕方がありません。
無事に取り付けられました。といっても、ここで調整が結構大変。
ドアの位置が前後上下にちょうどいい位置にしなくてはならないのですが、ドアが重いので、アームをちょうどいい位置に固定するのに力がいります。あと、気をつけないと、ドアが外側にふくらんでしまいます。なるべく元の位置に近づけないと、フェンダーとの間にすきまや段差ができてしまいます。
ちょっと離れて見るとこんな感じ。配線を延長しました。ボディーから配線が出てくる部分のゴムを上下逆につけた方が良いようです。
ドアを上に上げた状態で、ダンパーを取り付けます。

6mmの6角レンチが必要でした。
ドアを降ろした状態。

しかし、このダンパーが、ちょうどフェンダーについているウインカーの裏のコネクタに当たる位置なので、困りました。

そこで、ちょっと加工して、ウインカーを上下逆さにつけたところ、何とか回避できました。
黄色い囲みのネジで、ドア昇降時の一番降りた角度を決めます。
また、赤い囲みの部分で、ドアが開くときの角度を決めます。

なぜかここで使う6角レンチは、インチスケールじゃないとダメです。さっきはmmスケールだったのに。

配線は、この長さだと、アームとフェンダーの間にはさみやすいので、後日もう少しボディー側に押し込んで短くしました。
フェンダーとバンパー、その他外した物を元に戻して、完成です。

開けるときは、少し(15度くらい)横に開いてから、上に上げます。
外からなら、片手でもスイーッと上げられます。
室内側からだと、ちょっと力がいりますが、なるべくドアの後方部分を持つようにしてやればなんとか上がります。
上げると、ダンパーが効いて、上で止まります。

めんどくさいときは、ドアを上げずに、少し開いた15度くらいのすきまから出入りしています。