×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンフロントバンパー取り外し
今回の作業は、ナタクさんのページが大変参考になりました。

まず最初に、フロントタイヤのタイヤハウスのバンパーの端の後の辺りを内側にバクッとめくり、上に向いてささっているねじをプラスのドライバーで外します。
すると、横にガボッと外せます。
下から見て、矢印の部分のボルトを外します。

この写真は、助手席側です。
正面下のグロメットを2つ外します。

写真を撮っていませんでしたが、ボンネットを開けて、ダクトの上のネジ左右一つずつと、バンパー上部を支えているあまり意味のなさそうなプラスチックの部品を留めているボルト左右一つずつも外しておきます。
フラッシャーランプの内側の穴にドライバーを入れ、ねじを緩めると外れます。
外した穴から中をのぞくと、正面を向いたボルトが2本あるので外します。
このとき、某100円ショップで買った、小さいラチェットが役に立ちました。

外側からT字レンチなどでまわそうとすると、たぶん届きません。
エンジンルーム側から、ヘッドライトの裏辺りを見ると、バッテリーの底の角あたりにナットがあるので、外します。

同様に、助手席側も外します。
あとはそおっと前に引くと、ガバッと外れます。

「バンパの両端のところでフェンダーに傷を付けないように、粘着テープなどを貼っておくとよい」というナタクさんの教えは守った方がよいと思います。
外れたバンパーです。
裏側です。この部分が主な取り付け部分です。

取り付けるとき、運転席側のフラッシャーランプの配線は、外側に伸ばした状態でバンパーをはめないと、変なところに挟まったりして取り付けられなくなってしまうと思います。
助手席側の配線は、周りにじゃまをする部品がないので、あまり気にせず、はさまないようにだけ気をつければよいと思います。