×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンフロントビューカメラの取り付け
サンバイザー内蔵型DVDプレイヤーを取り付けました。

せっかく画面が増えたので、これにフロントビューカメラをつなぐことにしました。
カメラの位置はここにしました。ウインカーのすぐ下です。

以前使っていたバックカメラが余っていたので、それをつけました。
映像信号の線を、エンジンルームから車内に引き込むのをどうしようかとしばらく考えましたが、フェンダーの中を通して、ドアのパッキンのところから入れることにしました。
これが一番簡単そうです。

ちょうど、矢印の位置に、ゴムパッキンのゆるいところがあります。
ここなら、配線をいためないですみそうです。

また、ゴムパッキンはドア側とボディー側と二重になっているので、この位置に配線を挟んですき間ができても、水が入る心配はなさそうです。
DVDプレイヤーの画面のAV入力端子に、先ほどの映像信号線をつなぎます。

カメラの電源のスイッチ等については省きますが、電源をIGNからとっていますので、スイッチを切り忘れても、エンジンを切るとカメラへの電力供給はストップします。

欠点といえば、もともとバックカメラなので、左右逆に映ることです。
でも、このカメラの主な目的は、駐車場に前向き駐車した時に、車止めにバンパーをぶつけずにギリギリに駐めることですので、まあ気にしないことにします。