×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンウェザーストリップの補修
before after
トランクを開け、リアガラス後のゴムをめくって、黒いねじを二つ外します。
銀色のねじが7つありますが、これはねじだけ抜いても、部品が外れません。

以前一度、どうしても外せなくて諦めたのですが、

TomoPaPaさんのサイトで、外し方を知り、再度挑戦しました。

ねじをゆるめたら、抜き取らずに、上からドライバーでぐいっと押し込みます。

すると四角いプラスチックの部分が、いとも簡単にスポッと外れます。
この部品は、裏から見ると、こんなふうになっています。

ねじを締めると、ツメのような白い部分、黒い部分から出てきます。

逆に、ねじを押し込むと、白い部分が黒い部分にしまわれて、引っかかりがなくなり、すんなりと抜けるというわけです。
まずは、ガビガビになってはがれてきているゴムをはがしました。

カッターナイフでへりから2mmくらいのところに切れ込みを入れて、ぱりぱりとはがしていきます。

私の場合は、もう前側はすべてヒビになって切れていて、後側だけ切り込みを入れればはがせてします。
はがし終わったところ。
サンドペーパーでさびを擦り落としました。

すみのほうに、サンドペーパーが届かなかったさびが多少残ってしまうので、ホルツのさびチェンジャーを塗っておこうと思いましたが、ちょっと見あたらなかったので、そのまま塗装してしまうことにしました。
塗料は、以前ワイパーアームを塗装したときにあまっていた、ホビー用のつや消し黒のスプレーを使いました。車用ではないので、あまりもたないかもしれませんが、とりあえずそれでしのぐことにします。

塗装後、もとどおりに組み付けると、なかなかいい感じです。

近寄って、「本当はここはさびていたはずなのに」と思いながら疑いの目で見たりしなければ、まず気がつかないと思います。

すでに気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、1枚目と2枚目の、ねじを外している写真は、実は作業後にねじを締めている写真です。(もういちど上に戻って見てみて下さい。すでにさびさびではなくなっています。)