×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンフロントウインカーの完全クリア化
4th後期型は、フロントウインカーがクリアータイプですが、バルブのまわりを囲むようにオレンジ色のインナーレンズがついています。これを取り去り、完全クリア化しました。
作業前の状態
ウインカーの内側に穴があるので、
ここにプラスのドライバーをさしこみます。
こんな具合です。
ねじをゆるめたら、
少し内側にずらすようにしながら
手前に外します。
外れにくい場合は、横も外すと作業がしやすいです。
外れました。
ウインカーのバルブにつながる配線の途中に
枝分かれしてコネクタがふたつついていました。
たぶん一つはコーナリングランプ、
もう一つがフォグランプではないかと予想されます。
とりはずしたウインカーのバルブの穴から、
ラジオペンチをつっこんで、
インナーレンズをむしり取ります。
結構弾力性があり、
パリンと割れてくれないので、
むしり取るという感じになります。
むしりとられたインナーレンズ。
むしり取るだけではうまくいかなくなったので、
ハンダこてをつっこんで、レンズを溶かしわるようにして、
つまみ出しました。
全部取り出しました。
せっかくなので、オレンジ色のバルブではなく、
ステルスアンバーというバルブにしました。
点灯時はオレンジに光るけれど、
消灯時の見た目は銀色です。
こんな感じになりました。
完成。