×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンリアスピーカ載せ替え
 リアスピーカが壊れてきて、コーンの周りがぼろぼろになってきて、低音がビビるようになってきました。
 以前、シビックに載せていたアルパインのスピーカがあったのですが、載せられないと思ってあきらめていました。しかしこの際、無理矢理載せることにしました。


使用したスピーカー

名前等は分かりませんが、メーカーはアルパインです。

1.純正スピーカの取り外し

トランクの中から、コネクターをはずし、ナットを3つゆるめると、室内からスピーカーを引き抜くことができます。

2.室内からリアシートを倒すレバーを取り外す

スピーカを載せるためには、このレバーに犠牲になってもらいます。
まず、レバーの周りの丸いプラスチックをはずします。トランク側から爪を押して、室内側に引き抜きます。
室内側からねじを二つはずし、レバーをトランク側に引き抜きます。

3.スピーカの取り付け

丸い穴が大きくあいていますが、気にせずとりあえず載せました。
はっきり言ってガラスに当たっていますが、気にせず外側に向かってぐいぐいずらしました。
固定する金具がつかないかもしれなかったので、ガラスとスピーカの載る板に挟まれて固定されているままでいいかと思いましたが、なんとか固定金具がトランク側からつけられました。
純正スピーカをはずした穴が、取り付けたスピーカの後ろにあいたままになっていますが、ウィンドフィルムでガラスが黒っぽくなっているため、よーくみてもわからないので、そのままです。室内からはわかりません。

4.配線

純正スピーカをはずしたコネクタに合うものを買いに行ったらなかったのですが、整備士のお兄さんに見てもらったところ、たまたま合うやつがピットに転がっていたのをただでくれたのでラッキーでした。(先日、カーショップに行ったら、1,000円くらいで売っていました。)
イルミネーションの配線は、テールランプの所の集中しているコネクタを調べたところ、赤っぽいオレンジ色っぽいコネクタがそうでしたので、そこからとりました。
 
 ○  ここ  ○   ○   ○ 
 ○  ○  ○  ○  ○
 ○  ○  ○

取り付け前の純正スピーカ
取り付け後
ライン