×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンツイーターの交換 SK278
ショッカーというメーカー(キッカーではなく)のツイーターを
某オークションで落札しました。
これをツイーターカバーに埋め込むことにします。

純正ツイーターを外し、カバーの裏のネジを外して2つに分けます。
まずは台座の方に大きな穴をあけます。

ドリルなどを使えばいいのでしょうが、めんどうなので、ハンダ小手でズブズブと穴をたくさんあけ、その穴をつなげて大穴を空けました。
こんな感じです。
スピーカーがはまりました。
上から見ると、こんな感じ。
こんどは、前面の網つきのパーツにも、同様に穴をあけます。
ぎりぎりの大きさなので、実際には二つに分かれてしまいましたが、切り口や端の方は、ツイーターでかくれるので、かなりアバウトな作業です。
前面のパーツを台座にネジ止めし、ツイーターを収めます。

ためしに車に取り付けてみました。
ねじ穴部分にハンダ小手でズブッと穴をあけ、そこに黒い木ねじをねじ込みました。しっかり固定できた感じです。
こんな感じになりました。ちょっと目立ちすぎかも。
このツイーターはちょっと鳴りすぎかも。なにせMAX400W。SPL:100dBだそうです。
デッキの高音を少し、いやだいぶ絞ってちょうど良いです。
また、低音を少し増量すると、なかなかです。
シャリシャリと高音を鳴らしたい方にはおすすめ。
楽器の音がかなり生っぽくなります。特にアコースティックな楽器や打楽器、弦をはじく音など。
普段聞き慣れたCDでも、「あれっ、こんな音が入ってたんだー」と思うことがあるくらい。
私の感覚からでは、高音だけでなく、中高音が出ているような気がします。

高音が鳴りすぎてうるさいと思う人もいるかもしれません。ご注意下さい。
私の場合、デッキの低音重視の設定にすると、結構いい感じです。