×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンリアスポイラーの交換

 純正のリアスポイラーは気に入っていたのですが、ストップランプの内蔵された社外品が手に入ったので、交換してみました。

 しかし、ちょうどデジカメを修理中で、作業中の写真は携帯電話についているカメラでしか撮れませんでした。

1 ストップランプのコネクタを外す。
トランクを開け、リアスポイラーのストップランプへつながる電源のコネクタを外す。
 
2 ねじを外す。
内側から、ボルト4本を外す。
 
3 穴をふさぐ。
ボルトのはまっていた穴はそのまま取り付けるときに使いますが、それ以外に、リアスポイラーの位置を決めるための穴が左右に1つずつ、さらに、ストップランプへつながる電源が通る穴が開いています。この穴が10円玉くらいの大きさなので、ふさぐのがちょっと面倒ですが、防水の為にふさがなくてはなりません。とりあえず、小さい方の穴は適当にテープでふさいで、大きい方の穴は、自作の電源の線(ストップランプのところから分岐し、ギボシを付けたもの)を通した状態で、バスコークという、風呂場や水槽の水漏れを直すパテで埋めました。
とりあえず、こんな感じ。
 
4 取り付ける。
自作の電源の線と、リアスポイラーのストップランプの線をつなぎ、あとは純正品がついていた穴を使って取り付けて、完成。
こんな感じになりました。