×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンK's Speed リアバンパーの取り付け
リアバンパーのこの部分が少しずれていて、気になっていたので、バンパーを外してみました。

ついでに、K'sのバンパーに替えることにします。

バンパーを交換するだけなので、ホースメントは車体につけたまま、ホースメントからバンパーを取り外すことにします。
まず泥よけをとりますが、その時に黄色い○の部分のネジを外しました。
あと左の写真のように、上向きにネジでとめてあるので、プラスのドライバーか8mmのラチェットで外します。
泥よけを外すときは、こんなドライバーを使いました。
これならタイヤを外さなくてもネジが外せます。
ネジを外すと横に広げるように外せます。
トランクを開け、グロメットを外します。
この位置にもあるので、テールランプも外しました。
下にも左右に一箇所ずつ、グロメットがありますので外します。
外れました。フロントバンパーに比べて、かなりあっけなく外れました。
テールランプを外すのが少々面倒でしたが。
今回PFC会員の方から、大変安価に譲って頂いたK'sのリアバンパーです。

せっかく傷もほとんどなく大変良い状態ですが、紺なので自家塗装でグラナダブラックパールに塗装し直すことにします。
K'sのバンパーには、リアサイドマーカーがついていましたので、配線をつなぐことにします。

コードは左の写真の部分を通すことにしました。

ちょっと汚いですね。すみません。
時間がないのできれいにしないまま作業を続行しました。
テールランプのコネクタから、スモールでONになる電源とアースをとりました。
バンパー側にコネクタをつなぐ部分がありますが、配線側にコネクタはありません。平型端子のメスを使ってつなぎました。

点灯チェック。無事に点灯しました。
もとのように、ホースメントにグロメットで固定し、タイヤハウス内のネジをとめて完成。

自家塗装ですが、左の写真のよういに今回は意外とうまくいきました。まだ磨いていない状態ですが、結構つやっぽいです。

缶スプレーの動かす速さを秒速10cmくらいにして、たれるかたれないかのぎりぎりを探りながらたっぷりめに噴射しました。
よく見ると、多少たれが出てしまったところもありますが、ほとんど目立たないのでよしとします。
あと、うまくいかずつや消しっぽいところも所々あるので、一週間後に磨く予定です。