×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


奥多摩湖ツーリング
主催者 VALさんレポートページ
ケンさんレポートページ
saku-pureさんレポートページ
2007.7.16(日) VALさん主催の奥多摩湖ツーリングが行われました。
朝4時45分、朝焼けの映るプレに乗り込みます。
伊豆スカイラインに天城ICからのります。
さすがにまだだれも走っていません。貸し切りです。
冷川ICで降りて、国道136号を北上します。

いつもは込んでいる道も快調です。
国道1号線を三島から沼津へむけて走ります。

ここも普段は混雑していますが、さすがに早朝は空いています。
5:45、待ち合わせの東名沼津IC近くのコンビニに到着。
きむてぃ〜号到着。
ならんでもりもりさんを待ちます。
もりもり号到着。
3台並んでみました。
朝6時10分。3台で出発です。
東名沼津ICから東京方面へ向かいます。
カーナビが高速道路モードに変わりました。

普段あまり見られない画面で新鮮です。
じつは、kingpooは沼津ICから上り方向に乗るのは初めて。
伊豆から東京方面へ行くときは、熱海→小田原→小田原厚木道路→厚木ICから東名に乗るということが多いのです。
順調に進んでいきます。
6時50分。厚木ICで降ります。
福生に向けて北上します。

ところどころ混雑気味のところもありましたが、おおむね順調です。
午前8時。福生のラウンド1に到着。

すでにnabe号が待っていました。
いつ見てもきれいな車です。ホイールまでピッカピカ。
しばらくすると、nao44号が到着。
こちらもいつ見てもきれい。ピッカピカです。
しかも、いい色に焼けています。
しばし、ご歓談中。
と言っている間に、ぞくぞくと到着。

yamachan号。
masamune号。
3代目のカエル号。
そして主催者VALさん。

しびれるエキゾーストサウンドを響かせながら到着。
ケン号。
BB6タイプS号。
saku-pre号。
ケン号はLEDテールランプです。

とてもDIYとは思えない出来です。
とりあえず、車を囲んでしばしおしゃべり。
プレが並んでのを見ているだけで、ワクワクして来ます。
奥多摩湖に向けて出発。
ケン号の後をずっと走っていましたが、ここにぶら下がっているひよこのようなものがちょっと気になります。
ときどき信号などで分断されたりしながらも、プレの編隊は進んで行きます。
ミラーにもプレの隊列が映ります。
だんだん、市街地から山へと景色が変わってきました。
前にも後にもプレを見ながら走るのは気分がいいです。
すぐ後にいるのはsaku-pure号。
ところどころ、片側交互通行になっています。
災害の復旧工事だそうです。
トンネルの中では、水がバシャバシャ落ちてきます。
水たまりにもなっています。
ダムが見えてきました。
奥多摩湖の駐車場に到着。
屋根付きの駐車場に車をとめます。
次々とプレが格納されていきます。
プレリュード格納庫の様です。
これだけの台数ですが、なんとなく並べてとめることができました。
奥多摩湖です。なかなかいい景色です。
しばらくすると、ジュン号到着。
ジュン号。
プレを眺めながら、しばしおしゃべりしたり、写真を撮りまくったり。
kingpooはこの後、事情により途中で撤収。

一足先に帰途につきました。

しかしこの後、すごいことになってしまいました。

その様子は、
 
主催者 VALさんレポートページ
ケンさんレポートページ
saku-pureさんレポートページ

をご覧下さい。