×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンiPod nano
iPod nano 風な怪しい物をためしにヤフオクで入手しました。
たしか3,400円くらい。

ヘッドフォンで聴いてみた感じは、まあ普通でした。
電車で移動するときなどに使えます。
iPod用のFMトランスミッターをつないで飛ばしたいところですが、偽物なので対応していないかもしれません。

とりあえず、バイザーモニターのUSB端子につないでみました。
USBのストレージと同じように扱えました。
演奏させてみましたが、これはiPodモドキが再生しているのではなく、バイザーモニターが再生していることになります。
カーステレオには外部入力ないので、バイザーモニターからはFMで飛ばしています。
音質はそれなりです。

バイザーモニターのボタン操作で、フォルダと曲名を選んで、再生させるのですが、はっきりいって、USBストレージやSDカードに曲を入れてつないでも同じですので、iPodモドキを使う意味がありません。

意味があるとしたら、わざわざ車用に音源を準備しないですむということくらいです。
持ち歩いている音楽を、すぐに車でも聴けるというわけです。

16GBの容量があるので、結構たくさんの曲を入れられそうです。
同じ画面がナビにも表示できますので、こちらを見ながら曲を選ぶなどの操作をすることも出来ます。
iPodモドキに入れた動画も、普通に再生できます。
DVDじゃなくてもいいわけですが、これもはっきりいって、iPodモドキが再生しているのではなく、バイザーモニターの再生ですので、やはりSDカードでも良いということですが。

iPodモドキには、写真や動画を撮る機能がついているので、今撮った写真や動画をすぐにナビ画面で見たいという時には威力を発揮するかもしれません。
とりあえず、しばらく使ってみようと思います。

FMで直接飛ばせると便利だと思うので、トランスミッターの使えそうな物を探してみようと思います。

ちゃんといい音で聞きたい曲は、CDチェンジャーで、たまに聞きたくなるような曲や、音質にこだわらない曲(小さい音でBGMにするようなの)は、iPodモドキにいれておこうかと思います。
しかし、やはり上記の使い方は、USBストレージと変わらないので、FMで直接飛ばすことにします。

ALLKIT2という、スタンド一体型のFMトランスミッターを使います。
パッケージをあけるとこんな感じ。

この製品は、ミニピンジャックの入力端子があるので、ドックコネクタが使えない機種でも、ヘッドフォン端子からの出力を入力してFMで飛ばしてくれます。
つないでみたところ、なんとドックコネクタだけで使用できました。

実は、この機種の前に、別なメーカーのものを2つ試したのですが、一つは全く機能しなくて、もう一つも、一応音は出るけれど、高音域がないスカスカの音にしかならず、ニセiPodのドックコネクタは使えないと思っていました。

音質も、なかなか良い感じです。
ノイズも入らず、クリアーな音質で、特に問題ありません。

ただ、エンジンをかけると自動的に電源が入るところまではいいのですが、最初のメニュー画面になってしまいます。
また曲を選ぶところからやり直しなのが玉に瑕。
毎回これではちょっと面倒です。
その後、本物のiPodを導入。

エンジンをかけると自動的に電源が入り、前回電源を切ったところの一時停止状態となります。
再生ボタンで、すぐに続きが聞けるので便利です。

ただ、エンジンを切った後、手動で電源をオフにしないとなりません。
コンビニでちょっと買い物をするときなどは、わざと電源入れっぱなしにして、エンジンをかけた時にすぐ聞けるようにしています。