×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


富士ツーリング 2005.4.30
最近、PFC東海掲示板に、静岡東部の方の書き込みが増え、せっかくだからオフを行おうかという話になっていたところ、埼玉のVALさんたちが、毎年恒例の富士ツーリングを行うことを知り、ご一緒させて頂くことになりました。 
静岡方面からの参加車は、一度富士に集合します。
朝8時頃、伊東の家を出発し、伊豆中央道を沼津方面へ走ります。
東名を沼津から富士まで使い、富士のラウンド1の駐車場へ。
10分くらい遅刻してしまいました。すみません。
4thプレがずらっと並びました。
マット号。

地元富士のマットさんに、精進湖へ向けての道案内をしてもらいました。
もりもりBB4号。

今回のツーリングでは、DIYで移設したサブコンビネーションメーターの実物を見せてもらうことも楽しみにしていました。
バッシュ号。

ボンネットダクトが迫力満点です。
chabi号。

以前はシルバーの4thでしたが、最近アコードユーロRに乗り換えました。
Rマーク号。

その名の通り、エンブレムはRのマーク。
大口径ホイールも迫力あります。
Rマークさんのお友達のR34号。

フロントがかなり低いです。
TAKA号。

デモカーのようなスピーカーシステム搭載。
コンテストで優勝されたこともあるそうです。
kingpoo号。

今回は3人の子供を乗せてきました。
運転席以外はチャイルドシートです。
割り箸でつくったくじを引いて、走る順を決め、いよいよ出発。

kingpoo号は前から5台目。
前に4台、後に3台と、いいポジションです。
途中で間に別な車が入ったり信号で切れたりして分断されましたが、途中のコンビニの駐車場で体制を立て直したところです。
国道139号を北上し、市街地を抜けると、景色が良くなってきました。
あちこちに鯉のぼりが上がっています。
途中には遊べる施設があったり、パラグライダーが飛んだりしています。
のどかな牧場も広がり、牛たちがのんびり牧草を食べています。
途中の道の駅で、トイレ休憩です。
ここの駐車場は大変混んでいて、誘導されるがままにバラバラに駐車しました。この4台は並んで止められました。
精進湖の駐車場で、関東方面からいらした皆さんと合流します。

関東方面から8台、静岡方面から8台で、合計16台となりました。
今回は4thが9台と多く、5th3台、スカイライン3台、アコードユーロR1台となりました。
このとき、富士山はうっすらと頭の辺りが見えるだけでした。この写真では、ほとんど分かりません。
BB6タイプS号。

白いボディーに赤いエンブレムが映えます。
BREGさんのR32。

ナンバーを移設。ボンネットダクト。熱対策ばっちりですね。
ケン号。

VAL号とともに、埼玉からいらっしゃいました。
VAL号。

今回の富士ツーリングの主催者です。
nabe号。

前期型ですが、ぱっと見た感じ後期型に見えます。
昼食をとるため、西湖方面へ移動します。
私は最後尾。
16台もいると、先頭が見えません。
青木ヶ原の樹海の辺りを走ります。

交通量はそれほど多くありません。
西湖への看板が見えてきました。
左側の広い駐車場へ止めます。
16台を並べて止めたのですが、一番手前のkingpoo号だけ、列を乱してしまいました。
野鳥の森公園といひろい公園に、食事のできるところがありました。
食事の後、駐車場へ戻ってきました。
全部入るように撮るには、このくらい離れないと。
ましゃ号。

HID装着。この写真では分かりにくいですが、
紺のトランクスポイラーが装着されています。
エンブレムも青。
だんだん富士山を隠していた霞がとれてきました。

R33スカイライン、黒4thのyamachan号の写真を撮りそびれてしまいました。
すみません。
こんどは朝霧のミルクランド牧場へ移動します。

富士山がだんだんよく見えるようになってきました。
近くで見る富士山は大きくて迫力があります。
のどかな風景が続きます。

私は16台中の14台目。
前の方の車両は見えません。
追いつきました。

プレが連なっているのを見ながら走ります。
このあたりでは、富士山が下まで見えます。
道路のすぐそばに牛がいました。

牛の他にも、馬やロバの姿も見られました。
ミルクランド牧場へ到着。
ここで、絞りたてのミルクでつくったジェラートを買いました。
富士山をバックに、ジェラートを食べます。
ここにはヤギもいました。
奥の方に、ふれあい広場という所があり、動物を触ったりして遊べるそうです。
ここで夕方4時頃になり、子連れの私は皆さんとお別れして帰途につきました。

このあと、関東方面からいらした皆さんは、富士山スカイラインを通って御殿場へ抜け、山中湖へ行き、関東方面へ向かったそうです。

富士の方々も、ここで撤収となったそうです。

静岡組の中からも、もりもり号とchabi号は、山中湖まで一緒に行ったそうです。
VALさんのサイト CAR@COM および BREGさんのサイト CAR LIFE of BREG にも、今回の富士ツーリングのオフレポが掲載されています。