×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライン

アイコンフロントスピーカー取り替え
今回用意したスピーカーはこれ。
ヤフーオークションで3,700円で落札。
新品です。
4箇所のねじを外します。

ドアの下の方にねじが見えます。
前の方はここ。ふたをめくってねじをゆるめます。
ドアのレバーの中にもねじがあります。
ここもふたをめくります。
とってのなかにもねじがあります。
ここもふたをめくります。
三角の部分を外します。

後方に金具があるので、その近くを引っ張ると外しやすいと思います。
はずすとこんな感じです。

縦長の四角い穴に、金具が刺さるようになっています。
操作パネルを外します。

この写真のように、前側から外した方が良いと思います。

金具は前よりについているので、後側のレバーのある方から外しにかかると、割れるかもしれません。
金具の位置です。
下にも2箇所あり、合計5箇所の金具があります。

金具の近くを引っ張るととりやすいです。

コネクタを外すと窓が開閉できなくなりますので、外す前に窓を開けておきます。その方が作業がしやすいです。
あとは内張をはがしていきます。

このようなプラスチックのピンが何本かささっているので、壊さないように気をつけながら、外していきます。
後方を先に持ち上げて、斜めにすると外しやすいかもしれません。

窓はあらかじめ開けておくと、作業がしやすいです。
純正のスピーカーです。やはり壊れかかっていました。

時々ビリビリと変な音がしていました。

銀色のねじを3個はずせばよかったのですが、よくわからなかったので、もうひとまわり外側の黒いねじを4つはずして、スピーカーの取り付けられている台座ごと外してしまいました。
コネクタをの形状はこんな形です。
この向きで、右側の青い線の方が+、灰色の線が−になります。
分岐タップをつかい、スピーカーに付属してきたケーブルをつなぎました。
今回取り付けるスピーカー(左)と純正のスピーカー(右)です。
銀色のねじを3つ外し、純正スピーカーを台座から外します。
ここでちょっと失敗しました。

純正スピーカーは、ねじを付けるところに数ミリの厚みがあり、新品のスピーカーは鉄板1枚の厚みしかなかったのですが、そのまま銀色のねじを使ったところ、長すぎて台座を突き抜けてしまいました。そこで、新品のスピーカーに付属していたねじの中から、適当なものをえらび、それを使ったところ、無事に取り付けられました。
スピーカーにコードを接続し、台座をドアに取り付けます。
取り付け完了。
こんどは運転席側です。

こちらは操作パネルの部分のコネクタが大きいので、ちょっと外すのに手こずります。
写真の位置に金具がついています。
こんどは台座を残したまま、スピーカーのみ外しました。
台座を残してスピーカーのみ外すと、こんな感じです。
こちらは、赤い線が+、茶色い方が−となります。
同様に、もとの銀のねじは使わずに、短いねじを使って取り付けました。
あとは、元通りに内張や操作パネルなどを取り付けて完了です。